3月8日の興味深い工芸品

3月は、待望の春だけでなく、私たちのお気に入りの休日である3月8日をもたらします。人類の美しい半分を喜ばせ、彼らへの愛と尊敬をどのように表現できるでしょうか。通常は手作りのものです。母親や祖母はいつもそのような贈り物に満足しています。だから子供たちを連れて一緒に座って工芸品を作ってください。同時に、そのような楽しくて役に立つ仕事は、子供たちの想像力、忍耐力、そして忍耐力を発達させます。次に、3月8日までに大人向けのDIYクラフトができることをお伝えします。次に、3月8日の工芸品のいくつかの適切な例を提供します.

パスタパネル

ここでは、3月8日のライトクラフトを見ることができます。私たちの最初のクラフトの準備:

  • パスタ、できれば羽、スパゲッティ、弓などの異なるパスタ.
  • 段ボール/生地をベースに.
  • フォトフレーム.
  • ビーズ.
  • 鉛筆.
  • ブラシ付きアクリル絵の具.
  • グルーガン.

3月8日の簡単な工芸品

進捗:

  1. 弓は半分に折れ、青く塗られています。そして、スパゲッティグリーンペイントで羽をペイントします。乾くのを待っている間に、フォトフレームを取り、その中に段ボールを布で包むか、色付きの段ボールを接着するだけです。鉛筆で花の輪郭を描く.
  2. グルーガンで準備したベースにハーフボウを接着します。花びら6枚の花を集めています。そして真ん中にビーズがあります.
  3. これらの花に茎の形でスパゲッティを接着すると、羽は葉になります。ヤグルマギクが判明.
  4. このような興味深い工芸品は、学校や幼稚園の展示会に展示したり、教師や教育者に提示したりすることができます.

3月8日の簡単な工芸品

コットンパッドのかわいい花束

以下の工芸品は幼稚園児でも作ることができます。 3つの花の花束の場合、次のものが必要になります。

  • 3つのグリーンカクテルロール.
  • 綿棒のペア.
  • コットンパッド3枚.
  • 色紙.
  • 塗料.
  • スコッチ.
  • はさみとPVA接着剤.

大人のための3月8日までのDIY工芸品

進捗:

  1. チューブと綿棒の半分をスコッチテープで貼り合わせます。綿の先端を黄色に塗り、乾くのを待ちます.
  2. 緑の紙から葉を切り取り、チューブ(茎)に接着します. 大人のための3月8日までのDIY工芸品
  3. コットンパッドをチューブと綿棒に巻き付け、一端を接着します。同じ方法でさらに2、3個の花を作ります。だからお祝いの花束は準備ができています!

ヤシの木

この記事を読めば、あなたは最も多くを作成します 3月8日の興味深い工芸品. 小さなお子さんと一緒に、休日ごとにこのような手工芸品を贈ることができます。そうすれば、数年間、お子さんの手がどのように成長したかを比較することができます。お母さんやおばあちゃんにとって、これらの木は楽しい思い出になります。.

準備:

  • 段ボールと色紙.
  • はさみと接着剤.

3月8日の工芸品の作り方

進捗:

  1. 段ボールの上で、子供のブラシを丸で囲む必要があります。それから下にトランクを描いて木を作ることができます.
  2. そして、色紙から葉やハートなどを切り取って、木を飾ることができます。.
  3. おめでとうや願い事を下や後ろから追加して、愛するお母さんやおばあちゃんにあげることができます.

3月8日の工芸品の作り方

トイレットペーパーロールブレスレットの作り方

この出版物のおかげで、3月8日の工芸品の作り方を学ぶことができます。次の商品は妹やガールフレンドに適しています。このギフトは、小さなトイレットペーパーのロールブレスレットに素敵なサプライズになります.

何が必要:

  • スリーブ.
  • はさみとPVA接着剤.
  • 塗料.
  • 色紙.
  • ビーズとリボン.
  • マカロニまたは小さな貝殻.

3月8日の興味深い工芸品

進捗:

  1. スリーブを縦にカットし、次に横にカットします。次に、両方の半分を隣り合わせに接着します。乾くまで待つ間、ブレスレットを飾ることを想像します.
  2. ブランクの両面をペンキで塗ったり、美しい紙で接着したりできます。そして端に沿ってあなたは装飾的なリボンを置くことができます.3月8日の興味深い工芸品
  3. 次に、ブランク自体をビーズ、パスタ、またはあなたの心が望む他のもので接着します.

3月8日3D-はがき

3月8日には、さまざまなギフトを贈ることができます。そして、このジャンルの古典-グリーティングカードですが、オリジナルの外観です.

必要なもの:

  • 色紙と段ボールまたはランドスケープシートのシート.
  • はさみと接着剤.

3月8日の興味深い工芸品

進捗:

段ボールに鉛筆で8の字を描きます。色紙からさまざまな形やサイズのハートを切り取ります。それらの数は8で割り切れる必要があります。すべてのハートを半分に折ります。それから私達はそれらの花を接着しますそしてそれはそれから私達の大きい8にランダムにくっつきます.

3月8日の興味深い工芸品

裏面に楽しい願い事を書いて、購読することを忘れないでください.

3月8日までにさらに多くの工芸品

3月8日に子供はお母さんに何を与えることができますか?もちろん花。また、1つ目はミモザです。そして、あなた自身の手でそれらを作ります.

私たちは何が必要なのか:

  • 黄色い糸.
  • 滑らかで段ボールの両方の緑色の紙.
  • ケバブ串.
  • ワイヤー.
  • 接着剤はさみ.

進捗:

  1. はさみで糸を巻いて黄色いポンポンを作ります。真ん中で、それらはワイヤーで固定され、固定される必要があります。.
  2. 緑の段ボールをワイヤーに巻きます.
  3. ミモザのように見えるように、いくつかのポンポンを枝に接続します.
  4. ワイヤーの端、つまり枝に緑色の紙を巻きます.
  5. 滑らかな緑色の紙から3cmの細片を切り取ります。端を1cm切り取らずに細片に切ります。ケバブの串を接着剤でコーティングし、この切り取った紙を包みます。.
  6. 私たちはすべてを花束に集め、ギフトの準備ができています.

3月8日の工芸品の作り方

さらに、3月8日のギフトのさまざまなオプションの例のいくつかの写真.

3月8日の工芸品の作り方3月8日の工芸品の作り方3月8日の工芸品の作り方3月8日の工芸品の作り方3月8日の興味深い工芸品3月8日の興味深い工芸品3月8日の興味深い工芸品3月8日の興味深い工芸品3月8日の簡単な工芸品3月8日の簡単な工芸品