自分の手でダーチャを断熱する方法、夏の住民へのアドバイス

寒さの始まりで、冬に街の外の自然の美しさを賞賛することを決心した多くの夏の住民は、自分の手でカントリーハウスの正しい断熱を真剣に考えています。その中の熱。これらの作品は今では安くはなく、素材が高額になることもあるので、夏の別荘を自分の手で断熱するための情報を提供します。.

はい、あなたはあなたのカントリーハウスをより完全に断熱することができます、例えば、暖房、あらゆる種類の暖かい床などを実行します。しかし…家がちょうど建てられているとき、またはそれ以前にこれを行うことはますます現実的です-夏の別荘プロジェクトを作成するとき、それらは必須であり、必要なすべての通信が順番に入力されています。そして、暖房システムがまったく提供されていない家を最近購入した夏の住民はどうですか??

自分の手でダーチャを断熱する方法

私たちのアドバイスを使用して、あなたはあなたの夏の別荘を独立して迅速に、効率的にそして安価に暖めることができます。!

だから、カントリーハウスを暖める:どこから始めるか?

最初のステップは、家全体を注意深く調べ、熱が家から出る可能性のあるすべての場所を調べることです。この問題が時間内に検出されず、その後解消されない場合、この場合、最も高価で高品質の暖房システムでさえ、あなたの家を十分に暖め、住むことを可能な限り快適にすることができません。!

私たちはあなたの家の省エネを適切に組織化するのに役立つ一連の措置を講じます.

参照:ポリスチレンの左官工事

サイディング用のミネラルウールによる外の家の断熱

サイディング用のミネラルウールによる外の家の断熱

住宅の断熱材に使用される最も人気のある材料は、ミネラルウール、発泡スチロールです。.

これらの素材で家全体を外に断熱することで、優れた省エネ効果を実現しています。しかし、この喜びは安くはありません!何も、徐々に屋外の断熱を行います。この手順で1年半かかる場合でも、最終結果には間違いなく満足できます。!

発泡スチロールまたはミネラルウールで家の外を覆う技術:

発泡スチロールまたはミネラルウールで家の外を覆う技術:

  • 木枠とも呼ばれる頑丈なフレームを作成します。これを利用して、カントリーハウスの周囲の断熱を強化します。
  • カントリーハウスの壁は、これらの目的のために設計された消毒剤で処理してください。
  • 発泡スチロールのプレートを家の壁に取り付け、「キノコ」で固定します。
  • 防風材または防湿材で断熱材を保護するときが来ました(1つまたは別の断熱材を使用する技術は、選択した断熱材によって異なります)。
  • エクステリアトリム用のフレームをセットアップし、サイディングですべてを縫います。
  • 断熱壁を完全に漆喰で塗る.

発泡スチロールのプレートを家の壁に取り付け、「キノコ」で固定します。

多くの初心者の「ビルダー」は、フォームが厚いほど、家の断熱性が高くなると信じています。これは誤解です!実際、高品質の断熱材は、既存のすべての規則に従って、壁断熱材の技術プロセスを厳密に順守することを保証します.

多くの夏の居住者は、ダーチャを外側からまたは内側から断熱するための最善の方法について自分たちの間で議論しています。?

論争に巻き込まれないようにしましょう-結局のところ、すべての視点には存在する権利があります!断熱材を使用した壁の内部装飾は、部屋の中で確かにいくつかの有用なスペースを取りますが、外部のものはスペースにまったく影響を与えませんが、確かにいくらか多額の現金費用が必要になることに注意してください!

いつものように、どこでも、あなたはどちらの側からあなたのカントリーハウスを断熱するかを決定します.

民家の内側からの断熱

民家の内側からの断熱

あなたの家のインテリアのための最も手頃で人気のある張り断熱材はミネラルウールです。彼女の例を使用して、今日は私たち自身の手で家の中を断熱するための詳細な指示を検討します。.

  • 最初に、フレームを作成します(プロファイルから金属、またはスラットから木製)。フレームを作成するときは、ミネラルウールのロールの幅を考慮に入れる必要があります。ウールは、スラットまたはプロファイルの間に簡単に、しかししっかりとはまる必要があります。.
  • プロファイルの間にミネラルウールを挿入します。
  • OSBボードで壁を覆い、後で簡単に染色したり、任意の色で塗装したりできます。さらに人気のある仕上げ材は乾式壁です。取り付けが簡単で、壁紙、タイル、裏地、ペンキ、その他多くの仕上げ材がスムーズにフィットします。.

民家の玄関の断熱材

民家の玄関の断熱材

冷気の大部分は、ドアが開閉されるときにドアから部屋に入ります。しかし、ドアが配管にしっかりと密着しておらず、冷気が家に入る複数の亀裂が現れ、熱が絶えず出て行くことがよくあります.

このような熱漏れを避けるために、カントリーハウスの玄関ドアの断熱を行うことをお勧めします。.

断熱材としてうまく使用されているいくつかの材料は次のとおりです。

•ゴムペースト(4つの側面すべてからパイプに接着)。

•感じた(ドアの端に沿って敷き詰められた).

これらの方法は、ドアが木でできている場合にうまく適用されますが、金属を設置した夏の居住者はどうですか??

金属製のドアの場合、ドアリーフ自体を断熱することを提案します.

金属製のドアをどのように断熱できますか?

  • 木を数枚切り取ります(2〜3枚)。梁の長さは、正面玄関の幅と同じである必要があります。バーを貫通ボルトでドアに固定します。ボルトの頭はドアの外側のうめき声から来る必要があります。
  • 梁の間にポリスチレンのシートをしっかりと挿入します。
  • 必要なサイズのOSBシートで絶縁体を覆い(ドアのサイズに正確にカットします)、セルフタッピングネジでシートを木製の梁に固定します.

それがすべての絶縁です!あなたの努力のおかげで、今では冷たい空気があなたの家に入ることができないだけでなく、暖かい空気はそれがすり抜けることができる単一の亀裂を見つけることができません。家は安定した快適な温度を維持します。!

冬の窓は自分の手で断熱します

冬の窓は自分の手で断熱します

窓やドアは、部屋への冷気の導管になる可能性があります。このような「不正な」エントリから身を守るために、次のような対策を講じる必要があります。

  • ガラスが割れている、またはひびが入っている窓を特定し、その中のガラスを新しいものと全体のものに交換します。
  • 「おじいさん」のパテを使って、グラスが木に付着している場所のひびを注意深く覆います。ちなみに、新しいシーラントもこのタスクに対処することができます!
  • フレームをしっかりと塗装することで、冷気が浸透する可能性をさらに減らします。
  • 私たちは窓枠の下にドラフトをチェックします、シーラントはそれらを排除するのにも役立ちます.

ただし、ギャップが大きすぎる場合は、ポリウレタンフォームを使用するか、これらの問題のある領域を慎重に塗りつぶしてからペイントすることをお勧めします。.

そのような場合、祖父も脱脂綿、折りたたまれた新聞紙、断熱用の発泡ゴムを使用し、通常の洗濯石鹸を使用してすべてを特殊な紙で密封しました。!

現代の技術により、便利に挿入され、居住空間に必要な断熱と遮音を提供する二重窓が提供されています。しかし、この喜びは安くはありません!

国の日曜大工の床断熱材

国の日曜大工の床断熱材

暖かい床はすべての家庭の健康を保証します!

自分の手で床を断熱する方法はたくさんあります。これは、発泡粘土の使用や、床下に熱湯を使ってパイプを敷設することなどです。最も容易に入手可能で最も安価なものの1つ-フォームプレートによる断熱材.

フォームを使用した床断熱の方法を検討してください。

•既存のフロアスクリードには、フォームプレートの寸法に対応する木製フレームが詰められています。

•フォームプレートを成形された木製フレームにしっかりと入れます(フォームプラスチックは、押しつぶして埋めたり、壊したり、切ったりすることもできますが、結局のところ、最初の方法はフォームプレートを溝にしっかりと置くことです)。

•断熱材の上に床板を置くか、それがない場合は、OSBシート(塗装するか、断熱材の有無にかかわらず、リノリウムをその上に置くことができます。私たちは財政を調べます).

カントリーハウスの床を暖めることはあなたのために多くの仕事を提示していません。

カントリーハウスの壁、玄関のドアですでに良いトレーニングを受けているので、カントリーハウスの床を暖めることはもはやあなたにとって多くの仕事を提示しませんでした!

私たちは皆学校で勉強しましたが、暖かい空気は必然的に上昇し、逆に冷たい空気は下降することを知っています。

カントリーハウスの屋根の断熱材

私たちは皆学校で勉強しましたが、暖かい空気は必然的に上昇し、逆に冷たい空気は下降することを知っています。したがって、天井の断熱、またはカントリーハウスの屋根裏部屋でさえ、カントリーハウスのすべての建物の断熱において非常に重要な位置を占める必要があります.

繰り返しになりますが、フォームやミネラルウール(屋根裏スペース用)などの材料が断熱材としてよく使用されます。天井または屋根裏断熱技術は、建物の壁または床の断熱と特に違いはありません。特徴的な機能は、フレームとして亜鉛メッキされた金属プロファイルを使用することが望ましい(必須ではありません)ことです。フレームの間にフォームプレートを配置し、セルフタッピングネジを使用して乾式壁を固定します。.

カントリーハウスの屋根の断熱材

断熱材としてミネラルウールを使用する場合は、必ず保護メガネと手袋を使用してください。.

私たちは自分の手でダーチャを断熱します、ビデオ

あなたはすでに家の各部分を暖めるすべての段階に理論的に慣れています。ビデオレッスンで受け取った情報を統合し、すぐに自分の手で作業を開始するだけです。したがって、私たちはあなたの注意を私たちのビデオにもたらします。それはあなたに建設の「秘密」をさらに明らかにし、あなたがあなたのダーチャで独立して断熱作業を行うのを助けます.