DIYバッグ

スポーツやウォーキング、靴の交換、コスメティックバッグの保管など、さまざまなバッグを自分の手で縫うことができます。以下は、縫製に関するいくつかのMKの詳細な説明です。.

目的に応じて、バッグを縫うための生地を選択する方法

軽工業が生産する生地のカタログは多様です。ざわめきやフリース、ラフやスムース、デニム、レザーなど、どれもバッグのベースになります。現代のデザイナーが使用する折衷主義(スタイルの組み合わせ)の原則は、あらゆる組み合わせと空想を可能にします.

次のファブリックオプションは、バッグに最も適している場合があります。

  1. 帆布-帆布は帆の縫製に使用される非常に耐久性のある素材です。以前にこの品種が麻から生産されていた場合、今日では合成繊維から作られています。.
  2. コーデュラは、アメリカの仕立て屋が軍用弾薬を縫うために使用する素材です。ナイロンの5倍の耐久性と丈夫な素材.
  3. デニムは耐久性と防塵性に優れたデニム生地で、非常に長持ちします。あらゆる種類の装飾、ギピュールレース、刺繡、装飾的なディテールと組み合わせる.
  4. レイクは革に似た光沢のある滑らかなオリジナル生地です。業界では、単色のニスを製造するか、パターンプリントで覆っています。生地は耐久性があり、湿気を通過させず、低コストです.
  5. 装飾的な要素が完全に組み合わされた単色のギャバジン。このような生地で作られたバッグは頻繁に洗うことができ、製品の外観はその魅力を失うことはありません。.
  6. オックスフォード-耐久性が向上したリュックサック生地.
  7. リネン、シルク、コットンなど、色が非常に豊富な軽い生地を使用することもできます。このオプションでは、裏地の生地を選択する必要があります。.

自家製バッグの長所と短所

生地、糸、毛皮、革で作られた手縫いのバッグは、常に排他的で珍しいものです。製品には次の利点があります。

  1. 新しいアクセサリーを購入することでお金を節約する.
  2. 「灰色の塊」から際立って注目を集めるオリジナルモデルを作成する能力.
  3. 職人の創造力の開示、自己表現の条件.
  4. 適切な色とサイズを選択し、生地、毛糸で作られたバッグのパターンを増減する機能.
  5. 製品の多様性、使いやすさ.

欠点の中には、一部のモデルの強度の欠如があります。生地はすぐに汚れ、頻繁に洗う必要があります。すべての装飾要素のメンテナンスが簡単なわけではありません.

自分の手で鞄を縫う

ニット

デザイナーによると、ニットバッグは常に人気があります。彼らはさまざまな形、色合いで来ます。アクセサリーの単色で控えめな色は、キャンバスのパターンと装飾的なデザインによって補完されます。ほとんどの場合、モデルは編み物またはかぎ針編みです。さまざまな手法の特徴:

  1. 編み物。彼らは主に半羊毛のアクリル糸を使用しています。糸が太いほど、パターンはボリュームがあります。バッグの形はシンプルで、正方形、長方形です。円形の編み針または2本、できれば金属で編んでください。シンプルなガーターやホーザリーを使用したり、色付きの糸を織り込んだりして、任意のパターンを選択できます。作業終了後、側面を縫い合わせます。ボリュームを維持するために生地の裏地が必要です.
  2. かぎ針編み。より一般的な方法。作品はフックNo.2-4を使用しています。一部のモデルは下から始めて全体を編んでいます。基本的に、パターンはエアループ、二重かぎ針編みで構成されています。綿から羊毛まで、さまざまな糸が使われています。珍しいアクセサリーを作るには、より糸、サテンのリボン、バッグのプラスチックストリップが適しています.

編み糸から織り上げることは、古いものにセカンドライフを与えます。ストリップは衣服から切り取られ、それが無地のリボン糸に接続され、ハンドバッグ、カバー、カーペットの編み物に使用されます。.

編み物

スポーク自分の手で美しいニット糸のバッグ

ニット糸かぎ針編み

かぎ針編み

ステッチ

縫製バッグにはさまざまな種類の生地が選ばれています。主な要件は、耐久性があり、快適に作業できることです。革、毛皮などの厚い素材では問題が発生します。同時に、それらはそれらの形状をよく保ち、エッジ処理を必要としません。必要なキャンバスのおおよその寸法を計算するには、「自分の手で生地からバッグを縫う」というトピックに関する多数のマスタークラスを使用できます。.

使用した材料:

  1. 繊維。アクセサリーはさまざまな生地から縫い付けられています。それは、天然の綿織物、絹、粘性、わらである可能性があります。リネンと黄麻布で作られた、装飾で飾られたバッグでさえ、見事に見えます.
  2. 人工または天然の毛皮。バッグ全体またはその一部が素材から縫い付けられています。作業が難しく、裏地が必要です。ファーモデルは冬の装いによく合います.
  3. 天然皮革または人工皮革。縫うのはもっと難しいです-すべての機械が製品を縫うことができるわけではありません。手作業が難しい場合は、まず針で穴を開けます。.
  4. 古着。それからのバッグは創造的に見えます。彼らはデニムパンツ、Tシャツ、Tシャツ、セーターを使用しています。ショッピングバッグを縫う前に、物事が常に解けるとは限りません。不要なアイテムを切り取ったり、形を少し変えたりすることができます。.
  5. 裏地。綿、パディングポリエステル、フェルトで十分です。製品に剛性を与えるために、不織布またはデュブレリンが接着されています.

パーツは縫う前に切り抜かれます。バックパックとバッグのパターンは、縫い代を忘れずに、生地の平らな面に転写されます。古いハンドバッグの形が気に入ったら、それを開いて、詳細を新しい素材にコピーすることができます。次に、表と裏地を別々に縫い合わせてから接続します.

アクセサリーには、ショート、ミディアム、ロングのハンドルがあります。ほとんどの場合、それらは別々に切り取られます。逆もまた同様です-ショルダーバッグのワンピースパターンが自分の手で縫うために作られている場合.

ペンの作り方

ペンTシャツバッグ

古着から本革

レザーファーバッグと一緒に何を着るか

毛皮生地製のDIYサマーバッグ

生地から

製品バリエーション

創造性のためにさまざまな素材が使用されています。それは新しい生地、糸、装飾的な要素だけでなく、良質の古いものでもありえます。長年アクセサリーを作る最も人気のある方法は、編み物と縫製です。.

布製バッグを縫うための便利なヒント

そして結論として、ワークフローを簡素化し、素晴らしい結果を達成するのに役立ついくつかの推奨事項を提供します。.

  • ファブリックバッグの多くのモデルには、剛性のあるフレームが必要です。それは、主な生地と裏地の間に硬い材料で側壁と底を埋めることによって作成することができます。これらの目的のための主な材料として段ボールが使用されます。また、(特に底を強化するために)家庭用リノリウムを使用することもできます。もう1つの一般的な方法は、柔軟なプラスチック製のひな形フォルダーを使用することです。.
  • 敷設されたコードを使用して製品の縫い目を強化し、斜めのインレーまたはファブリックで結果の構造を処理することができます.
  • ショッピングバッグを飾るには、明るいテープまたはサーマルステッカーを使用できます.
  • クラッチハンドルの代わりに太いチェーンを使用できます。手工芸品店で映像で販売されています.
  • パターンの詳細を生地に転写するときは、縫い目を追加することを忘れないでください。通常は1.5センチです.
  • 使用中にジッパースライダーが飛び出さないように、縫製時には両端から固定布を縫い付けてください。彼らは一種の稲妻の端を包むべきです.
  • 古着を素材に使用している場合は、生地の主糸の向きを確認してカットしてください。.
  • 装飾は、製品の視覚的な魅力に重要な役割を果たします。主なことは、それが多すぎないことと、主題の一般的なスタイルが維持されていることです。.

初心者のマスターでも、自分の手でバッグを縫うことができると確信していただければ幸いです。主なことは、適切なモデルを選択し、少しの忍耐と勤勉さを示すことです。そして残りは続きます。あなたへの滑らかなラインと想像力の創造的な飛行!

縫製バッグにどの生地を選ぶか

材料

生地バッグの縫製はどの生地からでも行えますが、十分な強度があることが重要です。.

一般的な資料

しかし、職人が最も頻繁に使用する特定のオプションがあります。.

  • ジーンズ(デニム)。この用途の広い素材は、さまざまなスタイルの製品を作成するのに適しています。タフで耐摩耗性があり、帯電せず、非常に魅力的に見えます。デニムの唯一のマイナスの品質は、時間の経過とともに色が失われる(色あせする)という特性です。.
  • ギャバジン。この注目に値する素材には多くの利点があります。しわが寄らず、湿気や摩耗に強く、伸びたり縮んだりしません。その特徴は、素材が非常に軽くて柔らかいという事実によって補完されます。.
  • ポリエステル。この合成繊維は、用途の広い外観を持っています。その表面は綿や絹の模倣である可能性があります。しかし同時に、それははるかに安価であり、同時に実用性と耐久性を備えています。唯一の欠点は、物質が空気を通過させないことです。.
  • ナイロン。世話をするのに最も控えめで要求の厳しい生地。しかし同時に、それは心地よい触覚特性を持ち、魅力的な製品を作ることができます。.
  • 厚手の綿。暖かい季節には、それを使った商品が最適です。お手入れが簡単で、軽量で、明るい色の素晴らしい範囲があります.

追加の選択肢

追加の選択肢

以前のオプションほど一般的ではありませんが、女性のアクセサリーを作成するのに適したオプションがいくつかあります。.

これらにはそのようなキャンバスが含まれます.

  • コーデュラ-アメリカの高強度生地.
  • キャンバスは現代的な種類のキャンバスです.
  • 湖-パテントレザーの模倣.
  • オックスフォード-スコットランドからやってきた一種のマット.

リファレンス。バッグの外側に使用されているリストされている生地に加えて、内側の部分にはいくつかのオプションがあります。ほとんどの場合、彼らはこれのためにナイロンまたはツイルを取ります。三毛猫ねこネコやサテンも使用できます.

シンプルなバッグやバックパックのパターンとアイデア

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

いくつかのバッグのシンプルなパターン.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

もちろん、これらのハンドバッグは、ダーチャのママにとっては集団農場のように見えます。しかし、適切な素材(革、デニム、適切なパッチワーク)で作られ、実際の服と組み合わせると、非常にうまく機能します。!

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

柄のベルトバッグ.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

シンプルなハンドバッグのその他のアイデア:

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

紙の封筒、しかし何がそれらを布から妨げるのか?

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

これは、おそらく、何も保存されませんが…しかしシャツから:))

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

これも、おそらくほとんど役に立たないでしょう…インサートが黒い革でできている場合を除いて?

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

人気モデル作り

提案されたファッションアイテムは、さまざまな目的に適しています。.

メンズバッグ

男性にもバッグが必要であることは長い間秘密ではありませんでした。鍵、財布、ハンカチ、携帯電話、その他の小さなものはどれくらいポケットに入れることができますか?結局のところ、これらすべてを1つの小さなバッグに入れる方がはるかに便利です。特に、今日では特に男性向けにさまざまなスタイルがあるためです。そんな縫い方をご用意しております.

続きを読む:自分の手でクリスマスツリーを作る方法。 DIYのクリスマスツリークラフト。ヴィンテージ段ボール紙ヘリンボーン

メンズバッグを縫うためのステップバイステップの説明:

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

  1. まず、メンズバッグの柄が必要です。そのような例は上にあります。取って印刷してから、個々の要素を切り抜くだけです.
  2. バッグの生地を取ります。高密度を選択することをお勧めします(たとえば、防水、ナイロン、革など).
  3. 裏地(綿を選ぶ方が良い)とデュブレリン(これは裏地とメイン生地を接続するための特別な生地です)の生地を取ります.
  4. パターンを生地と裏地に転写します。すべての詳細を切り取ります.
  5. 必要な場所にデュブレリンをアイロンをかけます.
  6. ベルトを作ります。パーツを取り、右側を半分内側に曲げてパーツを縫います。ベルトを緩めます.
  7. 裏地をバッグの主要部分に縫い付けます.
  8. ヘビを縫う.
  9. バッグの蓋とポケットに縫い付けます.
  10. すべての詳細を収集し、それらを縫う.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

メンズバッグ対応!

生地の結び目バッグの縫い方?

オリジナルでありながらシンプルな形のバッグノットは、さまざまな長さのハンドルで際立っており、一種の役割を果たします "城". 長いハンドルは短いハンドルに引っ張られ、詮​​索好きな目からバッグの中身を確実に閉じます。結果として生じるループは手首に置かれます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

このようなハンドバッグを自分の手で縫うには、2種類の生地が必要になります。1つはメインの生地で、もう1つは裏地になります。ピン、はさみ、おそろいの糸、ミシンも必要です.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

未来のアクセサリーの模様は紙に描かれています。小さな鞄が思い浮かぶなら、横向きのシートがパターンに適しています。大きなアクセサリーが必要な場合は、トレーシングペーパーまたはグラフ用紙を使用できます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

ランドスケープシートを基準にすると、バッグの幅は21 cmになり、高さは最長のハンドルと合わせて29.7になります。シートの各面で、さまざまな高さのハンドルの幅のために5.5cmを確保する必要があります。一方では、29.7の高さで、他方では、23.2の高さで。シートの幅を半分に分割し、ここから高さ15.5cmにマークを付けます。次に、曲線を使用して3つのポイントを接続します。その結果、アームホールが取得されます。.

バッグの底が丸い場合は、直径を計算する必要があります。これを行うには、シートの幅(21 cm)に2を掛けると、42 cmが得られ、これを3.14(Pi値)で割ります。結果として得られる数13.3cmは、バッグの底の直径です。今、あなたは切断を開始することができます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

準備した生地に、裏側を上にして2回折りたたんで、型紙をレイアウトし、底を除いて縫い代を考慮して細部の輪郭を描きます。切り取って2つのブランクを取得します。さらに、アームホールに焦点を当てて、ハンドルの始まりを定義する線を描きます。マークされた線まで長いハンドルに沿って切り込みを入れます。これで縫製を開始できます.

各ワークピースで、短いハンドルの側面に沿ってアームホールの始点までサイドラインを研磨し、次にそれぞれに底を縫います。得られた2つのパーツを前面で互いに配置します。次に、両側のアームホールのラインに沿って両方のパーツを研磨します。短い柄を縫い目でつなぎ、サイドラインは縫いません。商品を裏返します。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

長い柄でパーツを削りますが、つなぎ合わせはしません。製品を完成させる前に、縫い目が引っ張られないように、アームホールの領域に小さな切り込みを入れる必要があります。ハンドバッグを取り出し、短いハンドルの側面からブラインドシームでサイドラインを縫い、次に長いハンドルを接続します。底を縫う.

完成したハンドバッグは、アップリケ、ビーズ、またはその他の装飾要素で飾ることができます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

ポーチバッグは、夜のお出かけに適したアクセサリーです。最近、このモデルは非常に人気があります。自分の手で縫うことはまったく難しいことではありません。主なことは、選択したドレスに適した生地のサンプルを選択することです。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

この10×18のアクセサリーを縫うには、13×46の派手な生地が必要です。また、2種類のテープを購入する必要があります。外側の引きひも用のストラップの1つは長さ約25cm(ナイロン、シルク、またはサテン)で、ネクタイ用のもう1つのストラップは長さ約65 cm、幅7 cmで、メインの生地と同様です。.

組み立て技術は次のとおりです。

  1. 生地を希望の長さと幅に切り取り、両側に5cmの生地を折ります。フロント側の裾はブラインドシームで縫い付けています。次に、裏側を上にして生地を折り、サイドシームを縫います。次に、ワークピースを前面に向けます.
  2. 用意した巾着テープを半分に切ります。テープの一部を取り、ピンを使用して生地に固定します。以前は、サイドシームにあるセクションをシーミー側に押し込んでいました。テープは、折り目が覆われるように配置する必要があります。同じ方法でテープの2番目の部分を固定します。開口部が形成されるように、2つの平行な縫い目で生地の両側に引きひもを縫います.
  3. 結果として生じる引きひもの狭い開口部に、ネクタイ用に準備されたリボンを、前もって半分にカットして挿入します。これは小さなピンで行われます。これらの操作の後、リボンの2つの自由端が両側に形成され、一緒に結ぶ必要があります。ポーチバッグの準備ができました.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

必要に応じて、ビーズ、ラインストーン、リボン、その他の装飾要素で装飾することができます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

クラッチバッグ

このようなクラッチは、そのサイズがボタンによって調整されるため、非常に便利です。ボタン付きの状態ではサイズが小さく、外すとゆったりとしたバッグになります.

クラッチマスタークラス:

  1. 布製バッグの模様の詳細を自分の手で用意した素材に移します.
  2. 必要な数の部品を切り取ります.
  3. それらからバッグを結ぶ.
  4. 同じように裏地をします。.
  5. 裏地とバッグを一緒に接続します.
  6. バッグを真っ直ぐに向ける.
  7. 2対の磁石またはボタンを接着します.
  8. ヘビを縫う.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

手作りのクラッチはあなたの表情に独特の魅力と個性を与えることができます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

それを作成するには、花を作成するための布(メインと裏地)、布または革、革のバイアステープ、ダブリン、磁気ボタン、ハンドルを取り付けるための金属リングが必要になります。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

自家製ラグショッパーバッグ

まず、材料を拾う必要があります。自家製のラグに加えて、どんな密度の高い生地(デニム、綿、キャンバス)も適しています.

バッグを縫うために必要な材料と道具:

  • 50 x 80cm以内の任意のサイズの自家製布;
  • 裏地用の綿生地;
  • 木製ボタン;
  • 綿スリング100-130cm;
  • 装飾プリント;
  • ブラシ、はさみ、糸、針.

自分の手でリネンバッグを縫う簡単なワークショップ:

  1. 新しいキャンバス(ある場合)のブラシをトリミングします.
  2. 生地を半分に折り、サイドシームを縫います.
  3. 結果の線に垂直に下の角を折り曲げて、バッグの底を作成します.
  4. 角を縫い、それらをトリミングします.
  5. 同じように裏地を縫います.
  6. 得られた製品をワークピースに置きます.
  7. バッグの前面を少し内側に包みます.
  8. ボタンを縫う.
  9. 折り目の内側に、裏地のカットを置きます。ループはボタンの反対側にあり、50〜60cmのスリングです。.
  10. ステッチで修正.
  11. ハンドルを上に向けて固定します。装飾で飾る.

提案された指示は初心者にもよく使われるかもしれませんが、経験豊富な職人にも役立ちます。.

ショッピングバッグの素材

材料とツールじゅうたんから

ラグを縦に半分に折り、側面と底面の縫い目を縫います鞄を縫います

バッグの底を形成し、底の角を2つの継ぎ目で覆います便利なショッピングバッグ

余分な部分を切り取り、エッジをスイープします粘膜

裏地も同様にご用意しております。買い物客

粘膜自分の手で美しい明るいバッグ

バッグの端をオフにし、片側のボタンを縫い付けてから、ループを準備しますハンドバッグ

すべての部品をピンまたはクリップで分割して、しっかりと固定します大きな袋

ベンドの端に沿ってタイプライターに継ぎ目を置きます。ループとハンドルの両方がその中に入るはずです。バッグの選択

ハンドルを外側に曲げ、バッグの上端に沿って織り、この位置を固定します自分の手で縫う方法

アイロンを使用して、画像を画像からファブリックに転送します自家製の敷物から

準備

ノーティカルデニム

初心者向けのバッグを自分の手で縫うためのこのステップバイステップの説明とパターンは、夏の装いに適した素晴らしい属性の作成につながります。長方形の製品は2種類の生地でできています。航海のテーマはロープハンドルによって補完されます。スタイリッシュなサマーバッグを自分の手で縫う前に、生地やアクセサリーを選びます.

材料とツール:

  • 縞模様の生地-1m、デニム-1.5 m;
  • 不織布-1m、綿の裏地-1.5 m;
  • プラスチック製の底は8x 25 cm、デニムポケットは2つ。
  • ツイストロープ-1m;
  • 磁気ボタン、アイレット-4個;
  • チョーク、はさみ、糸、針、ミシン.

自宅でハンドバッグを縫うマスタークラス:

  1. 縫い代を忘れずに、パーツを切り抜くことから始めます.
  2. 鉄を使用して不織布で接着する.
  3. ポケットに縫い付け、ディテールをつなぎます。不要な要素を切り取ります.
  4. サイドシームとベースを縫う.
  5. 裏地を切り取り、ミシンで加工します。製品のネジを外すために底に穴を残します.
  6. ライニングとフロントセクションを上端に沿って接続します.
  7. バッグのネジを外して縫います。上部に線を縫う.
  8. 磁気ロック、アイレット、ロープハンドル、その他の装飾品を固定します.

特に子供や若い女の子のためにバッグを縫う場合は、製品のハンドルの側面を装飾することができます。これを行うには、25 x 5 cmの生地を取り、中央でカットし、側面に曲げる必要があります。一方はロープに縫い付け、もう一方はロープに巻き付けて接着する必要があります。アンカーやその他の海洋をテーマにした画像を生地に接着することができます。.

デニムサマーバッグ

材料とツール空欄

ブランクを作り、それに沿って生地をカットしますサマーバッグ

次に、バッグの2つの部分を1つの部品にドッキングする必要があります。パターンの上部を2つの部分にカットします製造

パターンの角をピンで固定します

バッグのマスタークラス

ミシンですべてを縫い、余分な部分を切り落としますデニムバッグの作り方

裏地をブランクにする。ミシンで線に沿って縫います。ジグジグはさみで不要なものをすべて切り取ります。すべての縫い目をアイロンで取り除きますデニムベース

バッグの底を形成します

デニム

寸法と強度を確認しますストライプバッグ

私たちはバッグを見つけますポケット

ポケットを作るストライプ

長方形の布を切り取り、バッグに縫い付けます自分の手で

裏地の2番目の部分を取り、それを向かい合わせに折り、縫います耐久性のある裏地

底の真ん中に穴をあけて、バッグが透けて見えるようにします。海のスタイル

裏地の準備ができました組み立て

かばんに入れますアイレットの取り付け

アイレットを取り付け、ハンドルを挿入し、装飾します完成したデニムバッグ

準備

ビーチオプション

ユニークなアクセサリーは見た目と一致する必要があります。ブティックで入手するのは簡単ですが、自分で作成することをお勧めします。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

DIYデニムバッグは素晴らしく見えます。彼らは彼らの所有者の夏の服装を補完します。製品が完璧な外観になるように、作業の各段階を慎重に実行する必要があります。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

店で作るために、彼らは生地を買います。作業には数時間かかります。初心者の針子は、既製のパターンを使用することを好みます。これにより、作業に費やす時間が削減されます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

製造工程では、ピンを使用して継ぎ目を正しく位置合わせする必要があります。ビーチウォークに最適な軽量で耐久性のあるバッグ.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

サマーバッグ

サマーバッグはビーチバッグとも呼ばれます。原則として、これは1つの大きなジッパーコンパートメントを備えたかなり軽い構造です。それらは異なる生地から縫うか、編むかかぎ針編みすることができます。後者のタイプのサマーバッグのパターンは必要ありません。この場合、大きなピースを取り出して編み、それを縫います。.

夏の布製バッグの縫製に関するステップバイステップのマスタークラス:

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

  1. まず、サマーバッグのパターンが必要です。たとえば、上記のものを使用できます。このようなバッグは、2つの前壁と側壁、底部、ハンドル、および内ポケットで構成されています。.
  2. パターンの紙の部分をカットします.
  3. 生地の裏にパターンを置き、パターンを転写します.
  4. 端から数センチ離れて、生地からすべての詳細を切り取ります.
  5. 裏地を切り取ります.
  6. 2つの裏地の中央に2つのポケットを縫い付けます。端を折りたたむことを忘れないでください.
  7. 裏地と前壁、裏地と側壁を一緒に折ります。それをすべて一緒に縫う.
  8. 同じ方法で2番目の壁と側面を組み立てます。.
  9. 2組の壁と側面を縫い合わせます.
  10. 底をすべての壁に縫い付ける.
  11. ハンドルを作ります。これを行うには、右側を内側にして各テープを縦に半分に折り、端を縫います。次に、ハンドルを緩めます。.
  12. ハンドルをバッグに取り付けます。裏地の端と側面を内側に折ります。ストラップをバッグの上に置き、端を押し込みます。丈夫さを増すために、すべてを2列にまとめます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

夏のビーチバッグの準備ができました!ビーチに行くことも、友達と街を歩くこともできます。.

別のオプションはバッグです

ステップバイステップの作業:

  • ベルトバッグの型紙を作り、切り抜いた各要素を素材の裏側に固定します。 2 cmの余裕を持たせながら、テンプレートを布に移します。
  • ウエストモデルのディテールを切り取ります。
  • 製品の要素が互いに正しく位置合わせされていることを確認してください。
  • 次に、製品の詳細を縫う必要があり、最後に16cmのジッパーを追加します.

このような製品はベルトに着用して、お金や書類をベルトに収納することができます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

サマーバッグ

かぎ針編み

自分の手でサマーバッグを作るのはとても簡単です。細部は別々に編まれ、半柱で接続されています。作業の最後に、製品はタッセルで装飾されます。木製の円は、その形状を維持するために使用されます。必要な材料とツール:

  • 太い糸(アクリルまたはウール混紡);
  • スレッド「アイリス」、2〜3色。
  • フック番号3-4;
  • 直径20cmの木製またはプラスチック製の円。
  • 裏地のフェルト;
  • カラビナ-3個、ジッパー-18 cm、ビーズ、ビーズ.

ステップバイステップの説明:

  1. 直径20cm以上の2つの円を1つのかぎ針編みで結びます。リングで接続された5つのエアループから始めます.
  2. フェルトから裏地を20cm強切り取ります.
  3. メインサークルを接続し、空白、フェルト、縫う.
  4. ベースは、ジッパーの穴を忘れずに、1つのかぎ針編みをリング状に円形に結びます。フェルトを縫う.
  5. すべての部品を半柱で接続します.
  6. 4つのシングルかぎ針編みの長いハンドルを回転列で結びます.
  7. ジッパーで縫い、カラビナにハンドルを取り付けます.
  8. 「アイリス」、ビーズ、ビーズからブラシを作り、バッグと組み合わせる.

シンプルな黄麻布のバッグであろうと、ジッパー付きの複雑なオプションであろうと、型にはまらない形のさまざまなアイデアは、常に独創的で興味深いものです。新しいアクセサリーの作成は、スタイルと目的を定義することから始まります。モデルの選択がなされるとき、あなたはいつでも経験豊富な針の女性によって提供されるマスタークラスを使うことができます.

針付きバッグのブルーモデル

大きな分厚いニット

黒と白のモデル

バックパック

若い女の子に適した便利でスタイリッシュなアクセサリー。サイズを決めるだけでなく、既製のパターンを選択する必要があります.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

ファブリックバッグにはさまざまな既製のパターンがあり、自分の手でパターンを作ることができます。縫製には緻密な素材を使用しています。詳細は切り抜かれています.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

本体は半分に折り、ミシンで縫います。その後、カットが処理され、裏地が作られ、内ポケットが縫われます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

底には特に注意が払われており、3層が使用されています。ストラップ用にベルトテープを購入。フラップも生地から切り出され、ワー​​クピースに縫い付けられます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

たくさんのポケットがバックパックを飾るだけでなく、さまざまな小さなものにも使用されます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

テキスタイルインサートを装飾として使用できます。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

パッチワーク技法を使用してモデルを縫う必要がある場合は、さまざまなテクスチャと色の素材が使用されます。モデルのカットはバックパックの容量に影響します.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

子供向けの製品は明るく独創的でなければならず、そうすれば子供は間違いなくそれを気に入るはずです。耐久性のある生地と少しの想像力で、ユニークな製品を作ることができます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

スポーツバッグ

スポーツバッグは、体育館の見学だけでなく、店舗・市場などにもご利用いただけます。ゆとりがあり、着心地も抜群です。基本的に、そのようなモデルは、その形状を維持するために、裏地付きのより密度の高い生地から縫い付けられています。図12に、このような製品のパターンを示します。.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

スポーツバッグのパターン

小さな布バッグ

そのような小さな布製のハンドバッグは、一年中いつでも非常に関連性があります。必要な化粧品、携帯電話、ノートに合うので、友達との散歩にも日常着にもぴったりです。.

小さな布製ハンドバッグの縫製に関するワークショップ:

  1. 布製のバッグパターンの紙の部分を自分の手で切り取ります.
  2. パターンを生地の裏側に移動し、必要な数のパーツを切り取ります.
  3. 2つの側面(前面と背面)、側面と底面を一緒に縫います.
  4. 側面を縫い合わせる.
  5. 底を完全に横に縫う.
  6. 同じように裏地をします。.
  7. 生地のフレームに裏地を付けます.
  8. 裏地とフレームを縫い合わせ、バッグを裏返すことができるように小さな穴を残します.
  9. バッグを真っ直ぐに向ける.
  10. ブラインドステッチで穴を縫う.
  11. バッグのふたを縫う.
  12. ストラップを作ってバッグに縫い付けます.

小さな布製バッグの準備ができました!

初心者向けの柄のシンプルな鞄を自分の手で縫います

バッグバッグには、アクセサリーの塊とは異なる独自の特徴があります。

  • 円形または楕円形の底
  • フォームには厳密な幾何学的比率はありません
  • 留め具は引っ張るレースです
  • 長いハンドルと短いハンドルの両方があります

これらのバッグは非常に広々として実用的で、さまざまな色があり、さまざまな素材で作られているため、あらゆるスタイルの衣類に最適です。このアクセサリーのモデルを選ぶとき、それはあなたがそれを着ることを計画している場所とものから始める価値があります。.

どんなスタイルの服でもバッグを手に入れることができれば、すべての靴がそのようなイメージに適しているわけではありません。鋲や高いくさびは避けるべきですが、どんな低速の履物でも完璧です。.

ジーンズバッグ.

お気に入りのジーンズをすぐにゴミ箱に捨てる必要はありません。便利なものをたくさん縫うことができます。古いジーンズは素晴らしいアクセサリー、バッグバッグになります。それを作るには、ジーンズ、はさみ、糸、針、ミシン、巻尺が必要です。また、明るい生地、できれば綿、ピン、レース、ボタン、アップリケが必要になります.

作業説明。片足からバッグの主要部分を切り取り、希望の高さを測定する必要があります。円または楕円形は、下部として機能する2番目の脚から切り取る必要があります。この部分は、切断側の最初の脚に固定する必要があります。縫い目の側から、細部を縫い合わせます.

生地から脚の幅と同じ幅で、バッグより20cm長い長さの2つの部分を切り取る必要があります。側面のディテールを縫い、アクセサリーの前面の周りに裏地を固定します。一方、生地はバッグの外側にあり、反対側は外側になっている必要があります。これは、バッグの上部に色付きのストライプが付いた装飾のために行われます。.

タイプライターでバッグの端から5mmの距離でパーツを慎重に縫い、次に製品の端から7cmの距離でも縫います。裏地をバッグに入れます。裏地の2番目の端は1.5cm折りたたんで縫う必要があります.

バッグの外側に、色の付いた生地から2.5cmの距離に追加の線を引く必要があります。これは、製品を引き締めるレースの場所を作成するために行われます。それを埋めるには、引きひもに穴を開けてから、安全ピンを使用する必要があります.

装飾は選択したアップリケとボタンにすることができますが、装飾を変更することができます。バッグはほぼ準備ができており、選択したハンドルを縫うために残っています。同じジーンズや革で作られたハンドルは調和して見えます。肩に鞄をかけることができる長さにすることをお勧めします。.

ニットアクセサリー.

このアクセサリーは、生地から縫うだけでなく、かぎ針編みもできます。独自の方法でサックバッグを編むマスタークラスを考えてみましょう。これを行うには、革のボトムブランク、編み物用の糸、ロープ、長いハンドルストラップ、および推奨のものより1サイズ大きいフックが必要です。まず、ストラップ用のスキンを準備する必要があります。これには、底の周囲全体に穴を開ける必要があります。その後、全体の輪郭に沿って毛糸で底を結び始めます。底が完全に結ばれると、本体を編み始めます.

主要部分として、任意の透かし彫りパターンスキームが適しています。この場合、エアループを備えた単一のかぎ針編みからのファンの交互が使用されます。.

バッグが希望の高さに達したら、最後の列のハンドルをロープで接続し、通常の方法で結ぶだけで結ぶ必要があります。アクセサリー対応.

レザーバッグ.

生地の柔らかいアクセサリーに加えて、あなたはそれをより硬くそしてより安定した形にすることができます。これを行うには、本革から縫う必要があります。縫製はとても簡単です.

2つの長方形の革のカット、穴あけ器とレースが必要になります。皮膚では、端から約2 cmの距離で、側面から同じ距離に2つの穴を開ける必要があります。これは、穴の間の距離が製品の全幅の3分の1よりわずかに小さくなるように、両方の部品に対して行われます。次に、穴が上部になるように端を折り曲げて縫います。下の写真に示すように、レースは2つの部分に分割され、ワー​​クピースにねじ込まれます。ハンドルとして機能するコードの端は、強い結び目で結ばれています.

次に、サイドパーツを縫い合わせます。主な負荷がかかるので、底は強度を与えるために数回縫う必要があります。アクセサリーは散歩の準備ができています。必要に応じて、このバッグはアップリケで飾ったり、接着剤の上に置いたり、ハンドルに取り付けられた興味深いキーホルダーで飾ったりすることができます。.

ショッピングバッグ

ショッピングバッグは、サマーバッグとトラベルバッグのクロスです。通常、1つの大きなコンパートメントで構成され、耐久性のある素材(ナイロンや綿など)から縫い付けられています。.

ショッピングバッグを縫うための詳細な手順:

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

  1. ショッピングバッグのパターンは、ハンドル付きのシンプルなバッグの輪郭の輪郭であり、「Tシャツ」と呼ばれることもあります。そのようなパターンの例は上部にあります。.
  2. 型紙を切る.
  3. 半分に折りたたんだ布の裏に型紙を置きます。折り目は、バッグの底を作る予定の底にある必要があります.
  4. パターンの端から数センチ離れて、バッグの細部を切り取ります。底を切らないでください.
  5. 収納エリアとハンドル、つまりバッグの上部に穴を残して、生地を縫い合わせます.
  6. ハンドルを縫い合わせる.
  7. バッグをホチキスで留めてはいけない場所で生地を折り、端を仕上げます。きちんと磨くか、ヘミング用の接着テープで接着します.
  8. バッグを見つけてください.

トラベルバッグ

トラベルバッグは快適で広々としている必要があります。そして、それらは多種多様ですが、最適なものを見つけるのは困難です。このようなバッグを自分で縫う場合は、以下の手順をお読みください。.

トラベルバッグの縫い方の説明:

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

  1. トラベルバッグのパターンは、サマーバッグのパターンと大差ありません。主な特徴は、すべての壁と底のサイズを少なくとも1.5倍から2倍に増やす必要があることです。.
  2. パターンを生地に転写します。トラベルバッグの場合は、ポリエステル(900d、1200d、1800d、または2400d)、ナイロンの種類の生地を選択することをお勧めします。.
  3. バッグと裏地の細部をすべて切り取ります.
  4. 前のマスタークラスの手順6〜11を繰り返します。オプションで、いくつかの内ポケットとサイドポケットを作ることができます.
  5. バッグの上部にヘビを結びます.
  6. ハンドルを縫います。さらに、もう1つの長いハンドルを縫うことができます.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

トラベルバッグ対応!

ラップトップ用

ハンドバッグの実行:

  1. まず、ラップトップをキャンバスに置き、寸法をマークして、2枚の布を切り取る必要があります。
  2. ハンドルの長さは3cmから自由に選択できます。
  3. 次に、内部要素を縫い付けて、製品をラップトップに取り付ける必要があります。
  4. 充電器を中に収納するためにポケットが縫い付けられていることもあります。
  5. 製品の外側と側面を縫います。
  6. ジッパーで縫い、ハンドルで縫います.

革鞄の縫製

初心者のために革製品を作るのは非常に難しいでしょう。皮革の使用経験が必要です.

傷つきやすいので。そのような製品の場合、機械用の特別な針が絶対に必要です。そうしないと、材料を突き刺すことができません。.

革鞄を縫うための道具

革を適切に切断するための基本的なツール:

  • 異なる長さの定規;
  • 四角;
  • レザーカッター;
  • 鋭い刃のナイフ;
  • 手の届きにくい場所を切り取るための小さなはさみ。
  • 円の付いた三角形;
  • マーキング用の鋭利なツール(awl);
  • 消えるマーカー;
  • カッティングスタンド.

バッグの種類:自分の手で縫う方法、マスタークラス、さまざまなモデル

革のバッグを開ける

必要な皮膚の量

小さなバッグの平均的な材料サイズは約1.2メートルになります。スタイル、ジュエリー、ポケット、その他の要素の存在、そして最も重要なのは製品のサイズに応じて、このインジケーターは変化します。革を扱う前に、初心者は自分の強みとスキルを評価するためにニットウェアからモデルを縫うことを試みることをお勧めします。.

結論として、自分の手でバッグを縫うのは非常に簡単であることに注意する必要があります。シンプルなものから複雑なものまでたくさんのパターンがあるので、誰もが自分で何かを見つけることができます。そのようなものを作るとき、欠陥がないように生地を正しく計算することが重要です。.

布製バッグを縫うための便利なヒント

助言

そして結論として、ワークフローを簡素化し、素晴らしい結果を達成するのに役立ついくつかの推奨事項を提供します。.

  • ファブリックバッグの多くのモデルには、剛性のあるフレームが必要です。それは、主な生地と裏地の間に硬い材料で側壁と底を埋めることによって作成することができます。これらの目的のための主な材料として段ボールが使用されます。また、(特に底を強化するために)家庭用リノリウムを使用することもできます。もう1つの一般的な方法は、柔軟なプラスチック製のひな形フォルダーを使用することです。.
  • 敷設されたコードを使用して製品の縫い目を強化し、斜めのインレーまたはファブリックで結果の構造を処理することができます.
  • ショッピングバッグを飾るには、明るいテープまたはサーマルステッカーを使用できます.
  • クラッチハンドルの代わりに太いチェーンを使用できます。手工芸品店で映像で販売されています.
  • パターンの詳細を生地に転写するときは、縫い目を追加することを忘れないでください。通常は1.5センチです.
  • 使用中にジッパースライダーが飛び出さないように、縫製時には両端から固定布を縫い付けてください。彼らは一種の稲妻の端を包むべきです.
  • 古着を素材に使用している場合は、生地の主糸の向きを確認してカットしてください。.
  • 装飾は、製品の視覚的な魅力に重要な役割を果たします。主なことは、それが多すぎないことと、主題の一般的なスタイルが維持されていることです。.

初心者のマスターでも、自分の手でバッグを縫うことができると確信していただければ幸いです。主なことは、適切なモデルを選択し、少しの忍耐と勤勉さを示すことです。そして残りは続きます。あなたへの滑らかなラインと想像力の創造的な飛行!

ビデオ